パッチリとした印象的な目|身体に刻まれたタトゥーを除去する方法|レーザーで目立たなくする
レディー

身体に刻まれたタトゥーを除去する方法|レーザーで目立たなくする

このエントリーをはてなブックマークに追加

パッチリとした印象的な目

ドクター

蒙古ひだを切る手術

日本人の目頭には、多くの場合蒙古ひだと呼ばれている皮膚があります。この皮膚があることで、目頭は覆われた状態になっていて、その分目がパッチリとは開きにくくなっています。そのため美容整形外科では、この蒙古ひだを切開する目頭切開という手術がおこなわれています。目頭切開により目頭が覆われなくなれば、目はそれまでよりも大きく開くようになります。これにより目元の印象はアップしますし、目の小ささがコンプレックスとなっていた人の場合、その悩みが解消されるのです。現在の日本では、住宅や食文化など様々な面において、欧米化が進んでいます。美容面も同様で、欧米の人のようにパッチリと開いた印象的な目元になることを希望する人は増えています。そのため目頭切開の需要は、高まっていくことが予想されています。

蒙古ひだを元に戻すために

目頭切開によって目は大きく開くようになりますが、しかしそれによるデメリットもあります。加齢によりまぶたがたるんだ時に、見た目においてその影響が出やすくなるのです。要は老けた印象になりやすいということですが、逆に蒙古ひだがあった場合には、若々しい目元を維持しやすくなります。そのため昨今では、目頭切開をしたものの、その後蒙古ひだを元に戻すことを希望する人が増えてきています。そして一部の美容整形外科では、その需要に応えるために、あらかじめ蒙古ひだを元に戻しやすい方法で目頭切開をおこなっています。具体的には、蒙古ひだを目頭の内側に折り込むような方法で手術をしているのです。したがって、将来的に蒙古ひだを戻すことを検討している人は、それを可能とする方法をとっている美容整形外科で、目頭切開をしてもらうことが大事です。